つぶやき発酵コラム | Vol.07 # みんなのつぶやき 2021.03.04

占いを信じ切ってしまいます。

わかる!ボクもついつい毎週雑誌(ざっし)を立ち読みして占い(うらない)のチェックしてしまうんですよ。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
占いの言葉によって自分の気持ちが変わる、なんていうこともあるかもしれませんね。 発酵をとりいれた暮らしをしていると、自分の手を発酵させる手に育てることもできるんですよ。
ええ、すごい!ボクもそうなりたい!
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
かわったのは、手だけではないんです。
手だけでもすごいよ。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
発酵とむき合っていると、考えすぎることがなくなり、自然と道がひらけていく、すべてのタイミングがあうなんて感覚(かんかく)も生まれてきています。
すごすぎる。他谷さんに占ってほしい。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
占いはできませんけどね。発酵はマニュアルがなくとも今の時代まで受け継(つ)がれているもので、先人(せんじん)たちはそういう自然からいただく恩恵(おんけい)を受け取れていたのかもしれませんね。
(耳を澄ましてみる)何にも聞こえません!
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
ふふ、そうですね。ゆっくりゆっくりです。
どれくらいかかるんだろう…。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
発酵とむきあって10年ですが、だんだんストレスを感じなくなり目の前の出来事を俯瞰(ふかん)できて、マイナスの出来事もゲームをクリアにするように楽しめるようになっています。
ボク、占いよりも毎日ぬか床を見ているほうが良いような気がしてきたな。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
微生物がたくさんいる場所は、人にとって有効(ゆうこう)な働きをし、人も発酵していくんじゃないかしら。
どういうこと?
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
私のまわりでも、気がつけばたくさんの人の人生が好転(こうてん)しはじめてるような気がするわ。
なるほど、人生が良くなる発酵ですね。占いの立ち読み、来週からひかえてみます。
ナンデモ 与三郎
たやまさこさん
急にでなくていいんですよ。土にふれ、発酵を取りいれていく。先人たちもそうやってゆっくりと精神を培(つちか)っていったんだろうなと思う今日この頃です。
Profile
たやまさこさん

発酵舎mamma 料理家

1966年生まれ。発酵が日常にあるくらしのなかで育つ。実家の家業(かぎょう)をつぐため、21歳の時「松下電器商学院女子部(まつしたでんきしょうがくいんじょしぶ)」にて、経営、礼儀作法、商人としての精神を習得。卒業後、土井勝(どいまさる)料理教室やベターホーム本科・師範(しはん)を習得。現在、発酵舎mammaを主宰し「発酵は生きる力」をテーマに自分でかんじて、自分でかんがえることができる感覚を身につける、ワークショップやお料理教室などを通して、発酵のすばらしさを発信。また、微生物の分解力をいかした調理法により、消化にやさしい発酵料理も提供。まわりから、宇宙人だと言われることがおおく、発想や想像力が豊かで、人が考えつかないことを思いつてしまうことが多々。
https://tayamasako.com/


Profile
ナンデモ 与三郎

なんでも よさぶろう 血液型 / A型

人に共感しすぎてしまう、与三郎。「はい、よろこんで!」が口癖(くちぐせ)で、どんなたのみごともこころよく引き受けてしまう。引き受けすぎて、頭をなやますこともあり。モーニングルーティンは、納豆(なっとう)と具たくさんのみそ汁を食べること。

ほかの与三郎のはなしたつぶやき

つぶやきをぜんぶみる