つぶやきを
みる
ここはつぶやきが発酵する商店

つぶやきを発酵させて、
毎日をたのしむすゝめ

世は、令和の時代。

タイムスリップで琵琶湖(びわこ)のふもとに迷い込んだ、3人の近江商人(おうみしょうにん)たち。
「売り手(うりて)よし」「買い手(かいて)よし」「世間(せけん)よし」で、 換金化(かんきんか)してきた商いの天才たちは、いまのこの世を見ておどろいた。

森や川のかわりに建物がたちならび、
ヒト以外の生き物の姿が見えない。
いきすぎた金稼ぎ(かねかせぎ)主義さえ垣間(かいま)見える社会。

「売り手よし」「買い手よし」「地球よし」。

琵琶湖とともに発酵文化(はっこうぶんか)がねづいた滋賀におり立った3人は、 いまの社会に危機感(ききかん)を感じながら、
発酵をはぐくむ菌(きん)と暮らしをともにするうちに、
未来の子どもたちにほこれる、あらたな三方よしを思いついた。

そうして「滋賀発酵商店(しがはっこうしょうてん)」の暖簾(のれん)をかかげた3人。 現代の人々のつぶやきを聞き、子どもたちと学ぶ、 三方よしの換菌化(かんきんか)を考える毎日がはじまった。

ナンデモ 与三郎

なんでも よさぶろう  血液型 / A型

人に共感しすぎてしまう、与三郎。「はい、よろこんで!」が口癖(くちぐせ)で、 どんなたのみごともこころよく引き受けてしまう。
引き受けすぎて、頭をなやますこともあり。
モーニングルーティンは、納豆(なっとう)と具たくさんのみそ汁を食べること。

コチトラ 良子

こちとら よしこ  血液型 / O型

根っからのポジティブで血気盛ん(けっきさかん)な良子。お笑いが大好きで、落語(らくご)や寄せ(よせ)を週3回はたのしむ。
頭の回転が早く、早口なので、自分でボケて自分でつっこむのが板についている。
せっかちなところが玉にきずで、なれ寿司の発酵をまたずに食べてしまったことも。

オスキニ 葦郎

おすきに よしろう  血液型 / AB型

植物や生き物が大好きな葦郎。家は観葉(かんよう)植物でいっぱい。
植物にずっと話しかけているのでのどがかわきやすい。 人の話をきかないこともしばしば。
白湯(さゆ)をよく飲んでおり、週1回は日本酒で植物相手に晩酌(ばんしゃく)をする。

つぶやきをぜんぶみる